福井・今立・越前のケーキ・スイーツ ESPOIR(エスポワール)
Page Top

エスポワールの歴史

L'histoire de ESPOIR

本当の「おいしさ」を
求めつづけて。
ESPOIRのお菓子の世界。


Un 1. はじまり

まだ「フランス菓子」という言葉が、
日本ではあまりなじみがなかった20年以上前…

赤いイチゴが映える真っ白な生クリームに、
きめ細やかなスポンジ。
ケーキといえば、みんなが真っ先に思い浮かべるのが「イチゴショート」。

当時、駆け出しの菓子職人だった椿原シェフが、
「生クリームとスポンジの組み合わせだけが、ケーキではない。
たくさんの種類の中から‟お気に入り”を見つける楽しさを知ってほしい」
という想いで、生まれ故郷の山間のちいさな町・今立ではじめた、
洋菓子店『ESPOIR(エスポワール)』。

扉を開けた瞬間、厨房からの‟おいしい香り”に包まれる店内。
ショーケースには、季節に合わせてラインナップは少し変わるものの、
オペラやサヴァラン、ミルフィーユ、シブースト、モンブラン、エクレール、
ボンボンショコラ、オランジェット、マカロンなどなど、
菓子職人の想いが詰まった、個性あふれるスイーツが整然と並んでいます。
気張らずに楽しく、お菓子本来の喜びに出会えるよう、
厳選素材を使っていても価格は控えめ。
このお店なら慣れない人も気後れすることなく、フランス菓子の扉を開けられると、
少しずつファンを増やしていきました。

ケーキ

Deux 2. 変わること

「おいしいお菓子」をストイックに追求しつづけた20代。
「どんなお菓子がお客様に受入れられるか」、検証しはじめた30代。
そして40代にさしかかり、
「自分のつくりたいお菓子だけではなく、
地域に寄りそうものでありたい」と、地元の食文化や風土に合う、
あたらしい魅力をまとわせたものに少しずつ変化していきます。

クラシックなフランス菓子の基本を大切にしながら、
地元の食材や柑橘など和の素材を加えたり、料理の手法をとりいれたり、
季節によって脂肪分の異なる生クリームの配合を変えながらコクを深めたり。
自由なスタンスで、この土地ならではの「おいしさ」と向き合う、
シェフのあくなき探求心が、いつしか、
ふくい人の舌にすっとなじむお菓子へと進化していきました。

ケーキ

Trois 3. これから

日本各地、水や風土が違えば、そこに住む人の好みも違うもの。
「マカロン」が、フランスの各地方によって見た目も、味わいも違うように、
日本の洋菓子店も、東京発信の一辺倒のものではなく、
各地域のカラーがあれば、もっとおもしろくなるはず。
エスポワールは、ふくいのお客様がいつでも「おいしい」と感じるもの、
そして県外や海外から訪れたお客様にとって、
驚きと、あたらしい発見がある唯一無二のお菓子を、
これからも、まじめに、ていねいにつくり続けていきます。

フィナンシェ

ESPOIR(エスポワール)

エスポワール 今立本店

エスポワール 福井店

モノカフェ・パール・エスポワール

  • 福井県越前市瓜生町5-1-1
    福井ものづくりキャンパス1F(サンドーム福井)
  • TEL. 080-8693-3004
  • Instagram
  • facebook
copyright © 2021 ESPOIR all rights reserved.
powered by cheltenham software